プリンタインクが高い!

最近は字を書くということが少なくなってきた時代になっています。

昔は遠い人への連絡は全てハガキか便箋に手紙を書いて送るという方法か電話をかけるという方法でしたが、近ごろでは手紙とかハガキは年賀状を書く時くらいにしか利用されなくなりましたね。

その年賀状も年々、出す人が減少しているのが現代の特徴です。

これはスマホや携帯電話によるメールの浸透が第一の要因だと言われています。

簡単にあっという間に相手に連絡できるので非常に便利な伝達方法です。

しかしこのメールの浸透やパソコンによるキーボードでの文章作成が主となって来ているために多くの人が書くことをしなくなっているものですね。

そのために字を思い出せない人も増えているのが今の日本の現状です。

後、プリンターの発展も見逃せない事実です。

一定の綺麗な字体で文章を作成できるために今ではパソコンとプリンターによる文章作成が主流となっています。

でもこのプリンターの欠点が一つありますね。

それはプリンターインクがプリンター本体価格と比べてかなり割高になっているということです。

電気店で一万円くらいで売られているプリンターでもその性能はかなりの良いものです。

しかしその一万円のプリンターの交換インクの価格は8,000円近くもするんですね。

なのでそれより安いプリンターインク再生品が今、人気があるようなんですね。