乳酸菌より乳酸菌発酵エキスを!

お腹の調子が悪い時には皆さんはどうしていますか?

私は普段からヤクルトを飲んだりヨーグルトを食べているんですが、それでもたまにお腹の具合が悪くなることがあるんですね。

それでそんな時にはビオフェルミンなんかの胃腸薬をその場の対策で飲んだりしているんですが中々効果がないんですね。

お腹の調子が悪くなるのは基本的な考え方として腸内の環境が悪化することが原因だと言われています。

腸内の悪玉菌が増えて善玉菌が減少することによって腸内環境が悪化して消化吸収の力が弱くなってしまうとされています。

それではどうして普段から体に良いとされる乳酸菌を摂取しているのに腸内環境が乱れてしまうのでしょうか?

それは一説に乳酸菌の多くが腸内に届くまでに胃の中の強力な胃酸によって死んでしまうと言われているからなんですね。

それで乳酸菌を毎日摂取していても腸内環境を整えるのには不十分だと言われています。

そこで研究開発されてきたのがその乳酸菌を発酵させたエキスなんですね。

この乳酸菌発酵エキスというものは胃酸によって死んでしまうことがないそうです。

そして胃酸でも死なないために確実に腸内に届き、腸内の善玉菌の栄養となり悪玉菌を減少させる効果を発揮するというのですね。

そういう訳なのでお腹のためのことを考えるなら乳酸菌そのものよりも乳酸菌発酵エキスを摂ったほうが効果があるということになるのです。

今、このエキスを簡単に摂れる乳酸菌発酵エキスサプリがあるので大変便利な世の中になったものだと思いますよ。